アトピー性皮膚炎と睡眠

| 未分類 |

af9980018950m

睡眠不足はお肌や美容にはNG!ですね。
アトピー性皮膚炎で悩んでいる方の中には、かゆみの症状がひどい時になかなか眠れない…ということも。

かゆくて眠れないのに、睡眠不足は症状を悪化させてしまうという悪循環になってしまいがちです。また、眠れないという状態にストレスもどんどん溜まってしまいます。

しかし、アトピーの症状を改善するためには『睡眠』は非常に大切です!
人は眠っている間に肌の生成がおこなわれている以外にも、『成長ホルモン』や『副腎皮質ホルモン』などの大切なホルモンが分泌されるから。
元々人間の体内で作られる『副腎皮質ホルモン』の分泌を促すためにも睡眠はとても重要なのです。

副腎皮質ホルモンは炎症を抑える、抗アレルギー、免疫反応を抑制するなどの働きがあります。
体内できちんと副腎皮質ホルモンを分泌させ、有効に活用するためには、睡眠リズムを整える必要があります。

しっかり眠るためには、まずはかゆみを軽減してあげましょう。寝具や枕などはかゆみの原因となるダニやハウスダストを取り除く、パジャマやインナー、シーツなどは刺激の少ないものを使用するなど工夫をしましょう。
どうしても症状がひどい場合は医師に相談してみましょう。