忙しい現代人にとって睡眠不足は切実な悩み…
睡眠時間がなかなか確保できないという人も多いのでは?
短時間の睡眠しかとれない場合、質のよい睡眠をとりたいものです。
意外と知られてない事ですが、ぐっすり眠るためには食事が大事なんですよ!?

ba655071d5d697d756f30480a7dc54c5_s

カラダを目覚めさせる朝食をはじめ、夕食の摂る時間や摂取する栄養素で睡眠の質が変わってしまいます。

朝気持ちよくカラダと脳を目覚めさせるには朝食をキチンと食べる事です。
しっかり朝食を食べることで仕事・勉強・運動できるカラダができ、しっかりカラダを動かすとよく眠れるようになります。
そして質の良いタンパク質を摂取することです。
良質なタンパク質は、肉や魚をはじめ大豆、卵、乳製品などに含まれます。

夕食は寝る3時間前までに済ませるのがベストです。
食後は胃や腸がフル稼働している状態。食べたものが消化されず胃の中に残っているのに寝てしまうと、体に負担がかかります。
その結果、浅い眠りになりがちに。
揚げ物や甘いもの、スナック菓子などはカロリーが高いうえに消化されにくいので避けた方が良いですね。
どうしても夕食が遅くる場合は、なるべく消化の良いものを選びましょう。
ヨーグルトはストレスを緩和する効果があると言われており、安眠の効果も期待できるようです。