» 未分類のブログ記事

52be5066cdab466d3b71a44093246ac2_s

では、実際に自分に合った枕を選ぶにはどうしたら良いでしょうか?
ポイントは4つあります。

①  枕の高さ
②  枕の素材
③  枕の大きさ
④  枕の形

人間首はアーチ状になっているのが自然。寝た状態で首の骨アーチを保つと良く眠ることが出来るようです。
枕に頭を乗せた時、頭が腰の位置より3~4㎝高いの一般的と言われていますが、男女によっても高さは変わります。
男性は4㎝前後位が平均ですが、女性の場合はもっと低くなります。
またね体重が重い方は更に1~2㎝高くした方が良いようです。

素材もさまざま。
①  低反発ウレタン
②  高反発ウレタン
③  ポリエステル
④  羽毛
⑤  木綿
⑥  パイプ
⑦  そばがら
⑧  ひのき
⑨  竹
⑩  クラッシュラテックス
⑪  ビーズ
種類が豊富ですが、フィット感や好みの硬さ、香りの好みなどを考慮して選ぶと良いでしょう。
例えば、低反発ウレタンはゆっくり沈んで、ゆっくり戻るのが特徴。
カラダの圧力を集中させずに分散効果があります。

パイプは通気性は抜群。ホコリ・虫の心配がナシ。水洗いも出来るので清潔に保つことが出来ます。
ひのきは香りが断然良いのでリラックス効果で安眠しやすいですね。
ひのきは抗菌や防ダニの作用や通気性も高いと言われています。

またまだ枕選びは続きます。続きはまた次回へ♪

91f21decc9e5499b1b461f01fa7bce5d_s

ぐっすり心地よく眠り、疲れをしっかり取り除いて、翌朝はスッキリ目覚める!
質の良い睡眠をとるためには寝具選びも重要なんだとか…。

旅行や出張などで旅館、ホテルに宿泊した時。
田舎のおじいちゃん・おばあちゃんの家や親せき宅、友人のお宅に泊まった時。
枕が変わってあまり眠れなかった!というような経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。

近頃では枕外来のようなものや、整形外科で開発された枕、枕の専門店もよく見かけるようになりましたね。

もしあなたが1日6時間睡眠をとっているとしたら、1日の中で1/4、8時間睡眠の場合は1/3寝ているのです。

自分に合ったもの使用しないとグッスリ眠れないだけではなく、頭痛や肩こり、腰痛を引き起こしたり、体に負担をかけることもあります。

また、美容や健康のためにも睡眠はとても重要なのはご存知ですよね?
是非とも快眠美人を目指したいものです。

何気なく使っている枕ですが、睡眠の質を高めたいのなら枕選びは意外と大事だと言えるでしょう。

人間はそれぞれの体型や体格が違うものです。
身長、体重、顔の大きさ、肩幅も違う訳ですから、当然自分に合った枕の条件も異なります。
本当に自分にピッタリな枕を見つけることをお勧めします。

睡眠不足とニキビの関係

| 未分類 |

Beautiful asian woman

現代の女性にとって睡眠はついつい後回しになりがち。
睡眠不足がカラダに良くないことも、お肌に良くないことも分かっているけれど…。
肌トラブルもいろいろありますが、今回はニキビについて。
思春期じゃなくても、いわゆる大人のニキビでお悩みの方もいらっしゃいますよね?

実は、睡眠不足がニキビに与える影響はとても大きいんです。

睡眠不足はご存じのとおり肌の機能をダウンさせます。ダメージを受けた肌は寝ている間に回復していくので、睡眠がきちんととれていない回復が出来なくなってしまいます。
肌のターンオーバー正常に行われなくなり、いつまでも古い角質がはがれ落ちることが出来ない状態に。
この結果角質が溜り、くすみやニキビの原因になってしまうわけです。

そして、睡眠不足による自律神経の乱れにより、男性ホルモンが過剰分泌を招いてしまいます。
ニキビ予防のためには避けたいですよね。

睡眠不足は更に肌の抵抗力もダウンさせます。
免疫力や抵抗力をが低下すると菌に対抗する力が弱いのでニキビの炎症を悪化させる原因に。

このように睡眠とニキビは密接な関係にあるんですね。

ニキビを作らない、悪化させない為には、きちんと睡眠時間を確保しましょう!

質の良い睡眠をとる方法

| 未分類 |

考える女性
睡眠時間をしっかり眠りたいと誰もが思っています。
しかし多忙なこの時代に、毎日毎日きちんと睡眠時間を確保するのはなかなか難しいのが現実。

睡眠がお肌にとっても、カラダにとっても必要不可欠なことも分かっています。
短時間の睡眠しかとれない人でも、質の良い睡眠をとることを意識してみませんか?
ぐつすり眠ることでカラダの内側から元気になりましょう!

質の良い睡眠をとるためにはいくつかの方法がありますので、ご紹介します。

せっかく早くベッドに入っても、なかなか寝付けない…という場合は緊張や不安から寝付けないんですね。
寝る前に体をリラックスさせること!これがポイントになるんです!

☆まずは血行を良くすること☆

血液の循環が良くなると手足が温かくなりますね。眠る1~2時間前にお風呂に入るのがベストです。38~40℃のぬるめのお湯をはり湯船に浸かることでカラダがリラックスできます。

☆軽いストレッチをする☆

お休み前に軽くヨガやストレッチでカラダをほぐしてみましょう。
深呼吸も良いですね。

☆寝る前に携帯やパソコン、テレビは避ける☆

テレビ、パソコン、携帯の光は脳を刺激し覚醒させてしまいます。その為寝つきが悪くなります。なるべく使用しないように気を付けましょう。

gf2160144571m
睡眠とホルモンも密接な関係ってこと…ご存知でしたか?

女性ホルモンは女性として大切な役割を担っています。

女性ホルモンの役割は
① コラーゲン・肌のツヤ・ハリ美肌作り
② 髪の毛をキレイに豊かに保つ
③ 自律神経のバランスを安定させる
④ 骨を丈夫にキープ
⑤ バストを豊かにし女性らしい身体をつくる。乳腺の発達を促進
⑥ 免疫を強化
⑦ 子宮の働きを良くする。

睡眠不足は身体に負担をかけ、女性ホルモンの分泌を減らしてしまいます

女性ホルモンのバランスが乱れてしまうと、生理不順や生理痛、不正出血、月経前症候群、自律神経失調症、不妊などの症状が起こります。
他にも、ニキビや吹き出物、シミ、シワ、くすみ、乾燥肌などの肌トラブル、更年期障害、頭痛、肩こり。
イライラする、疲れやすい、髪のパサつき、白髪、抜け毛。
物忘れや体調の不調も。
睡眠不足により老化が促進されてしまうんです。
更にはヒゲがはえてくる、すね毛が濃くなるなんてことにもなってしまうかも…
まさに睡眠不足は女性には大敵。

お肌のゴールデンタイムと呼ばれる22時から深夜2時の間は成長ホルモンが最も分泌される時間帯です。なるべくこの時間には眠っていたいのですが、現状難しいことも多いのかもしれません。

出来るだけ質の良い睡眠をとるようにして、女子力を衰えさせないようにしていきましょう!

30a55e3e9a5d936b6e5743d062dae6c8_s

まだまだ心地よい眠りに効果のあるエッセンシャルオイルはありますよ。
リラックス効果があるものや、催眠効果をもたらすものをご紹介します。

 ☆ジャスミン☆

フレグランスやお茶のフレーバーなどでも使われるジャスミン。甘く濃厚、上品でうっとりするような香り。強めの香りです。
沢山のシャスミンの鼻から少量の抽出しかできないため、とても高価なものです。『花の精油界の王様』とも呼ばれています。
精神的作用がとても高く、不安や落ち込みなどを和らげ自信を取り戻す、回復する力を与えてくれます。また、精神を高揚させる効果があるので、幸福感を感じるでしょう。
他にも生理痛の緩和にもおすすめです。妊娠中のご使用は注意が必要です。

 ☆ネロリ☆

ビターオレンジの花から抽出される精油。オレンジのみずみずしい香りではなく、濃厚で洗練されたフローラルの香りです。ネロリも沢山の花から少ししかオイルはとれなく大変高価なもの。
慢性的な不安、沈んでいる気持ちを和らげ、リラックス効果や抗うつ効果が高いと言われています。
夜なかなか眠れない時、更年期障害の症状の緩和にも◎。
スキンケアにも人気があり、シミ、しわの改善、肌の弾力性がアップ、アンチエイジング効果も期待できますよ。

gf2160257903l

十分睡眠をとっているのに日中ひどい眠けに襲われるということはありませんか?

このような症状が当てはまる場合、『睡眠不足症候群』の可能性があります。

慢性的睡眠不足にもかかわらず、本人に自覚がない。
昼間の強い眠け、イライラや怒りっぽくなる、頭痛、疲労感や意欲低下、体の痛み、食欲不振、集中力低下、注意散漫、うつ状態などが症状も深刻です。

働き世代のビジネスパーソンをはじめ、受験生はこの病気になりやすいといえます。
ほかには、現代の女性は多忙な方が多いのも事実。
子育てや家事をしながら働いている女性は、家族の中で一番遅く寝て、一番早く起きるという生活パターンで寝不足気味に・・・。
また、ゲームやテレビを見て夜遅くまで起きている人なども睡眠不足になりやすいと言えます。
もともと睡眠時間が「長時間睡眠タイプ」の方の場合は、7時間の睡眠時間でも不十分ということになってしまいます。

睡眠不足は体力や免疫力が低下してしまいますので当然風邪をひきやすい、花粉症などを発症が高くなる傾向に。
高血圧や心筋梗塞、脳梗塞、うつ病などの原因にもなりかねません。

様々なタイプがありますが、「睡眠不足症候群」の場合はしっかり治療することをお勧めします。

3c5f9ff09dc132d3e86a4463cca12ab3_s

前回に引き続き、快適な睡眠をとるためのエッセンシャルオイル選びです。
寝る前にリラックス効果や心が落ち着く作用があるものをピックアップしてみました。

 ☆オレンジスイート☆

オレンジのフレッシュでスイート、みずみずしい果実のような香りが特徴。甘くて太陽のようなイメージで女性に人気があります。

万人うけする親しみやすい香りで、初めての方でも使いやすいエッセンシャルオイルです。リラックス作用と同時にリフレッシュ感をもたらしてくれます。落ち込んだ心やキモチを明るく前向きにする香り。心身の疲労回復にも効果的なので、ストレスが多い方におススメのオイルです!

個人的に私も大好きなエッセンシャルオイル。本当に元気が出る香りですよ♪

 ☆カモミール☆

ハーブティーなどでも有名なカモミール。

ご存じの方も多いのではないでしょうか。ギリシャ語で『大地のリンゴという意味の名を持っています。

フルーティな青りんごの香り。
ゆったりとして安らぎ感を与えてくれるような優しい香りです。鎮静、鎮痛緩和の効果があり、怒りや緊張などのネガティブな感情を和らげ、不安や恐怖感などの感情をときほぐしてくれます。

ストレスからくる頭痛などの緩和、不眠にも効果的。心のバランスが取れるように。安らかな眠りを誘うのでヨーロッパでは寝つきが悪い子供にも用いられているそうです。妊娠中のご使用は避けて下さい。

9f97814082657d96773cbd984fb9512d_s

エッセンシャルオイルの選び方

心地よい眠りのために、どんなエッセンシャルオイルを選んだらいいのでしょうか?

前回も言いましたが、リラックス出来るものや、怒りやイライラを落ち着かせてくれる作用があるものを選ぶと良いでしょう。

また、自分が好きな香りを選ぶのもオススメですよ!

 ☆ラベンダー☆

誰もが知っているメジャーなアロマオイルではないでしょうか?
清潔感のあるフローラル調の香り。
気持ちを落ち着かせる作用をはじめ、さまざまな効果があります。

イライラ、不眠、躁うつなどを改善。痛みを和らげるとともに鎮静効果に大変優れています。
虫除けにも効果を発揮しますし、応用範囲が広くまさに万能オイルなんです!       

 ☆イランイラン☆

ストレスやイライラを鎮め、不安や怒りの感情をときほぐすと言われます。
エキゾチックで重厚で甘い香り。個性の強い香りが特徴です。
強めの香りなので、人によっては好みが分かれます。

使用する時は薄めて使ってください。一度に沢山使うと頭痛や吐き気などを引き起こすことがあるので注意しましょう。

ベルガモットやレモン、オレンジスイートなどのフレッシュな柑橘系のものと合わせてブレンドすると爽やかさがプラスされます。

他にもラベンダーとブレンドするのもOKです。

658592fbdb1a004f6f50d40a5d8dbc64_s
心地よい眠りのために、アロマの香りを利用してはいかかでしょう?

エッセンシャルオイルは植物が持ち優しい香りが心や身体に働きかけてくれます。

作用も様々で、ストレス緩和、不眠の改善、イライラや怒りを鎮める、不安な気持ちを和らげる、集中力を高める、殺菌作用、防虫作用、鎮静作用などの効果を得ることが出来ます。
近頃は日常生活に取り入れる方も増えてきたように思います。

なかなか眠れない時などは、リラックス効果や鎮静作用があるもの、気持ちが落ち着くなどの効能があるエッセンシャルオイルを選ぶと良いでしょう。

使い方はティッシュに選んだエッセンシャルオイルを数滴たらして枕元に置いたり、アロマデュフーザーで香りを楽しんでください。入浴や足湯などに活用するのも良いでしょう!
注意点がいくつかあります。
原液を肌に直接つけてはいけません。精油の飲用は大変危険です。
妊婦さんが使用できないものや、乳幼児や子供が使用できないものもあります。
使用量、使用方法はしっかり守るようにしましょう。保存は風通りの良い冷暗所が適しています。
使い方を誤ると著しく健康を損なうことがありますので、くれぐれも取り扱いには注意しましょう。

またエッセンシャルオイルとアロマオイルの違いも知っておくと良いでしょう。