グレリンとは

| 未分類 |

グレリンとは、1999年に発見されたホルモンの一種です。このホルモンは、脳下垂体に強力に働きかけ、食欲を増進させ、成長ホルモンの分泌を促す機能があります。通常は胃から分泌されていますが、肝臓などからも微量に生産されています。脂肪細胞から出される、食欲を抑制するホルモンであるレプチンと拮抗していると考えられます。

筋肉増量作用と強力な食欲増進作用から、体重の増加を招きます。また、このホルモンの他の成長ホルモンとは相乗的に働くと考えられています。このホルモンは、エネルギー代謝を調節し、血圧に関与するなど、循環系の調節機能にも影響を与えるホルモンであることもわかってきました。このホルモンは、生命維持に非常に高度にかかわっていると考えられます。

そのため、飢餓状態になったり、十分な休息をとれない状態であったり、過剰なストレスを受ける状態になると、生命の維持のために、脂肪を蓄積しようとこのホルモンの分泌がさかんになります。しかもこのホルモンにより摂取したくなるのは、効率的に脂肪を蓄えようと、より高脂肪の食品や高カロリーの食品です。不規則な生活をしている人は、このホルモンの分泌が多いとう研究結果もあります。

sleep_l