メラトニンとは

| 未分類 |

脳の松果体という部位から分泌される奇跡のホルモンのことをいいます。この奇跡のホルモンにより、脈拍、体温、血圧などを低下させて体に眠りの準備段階に入ったことを認識させます。それにより、自然の眠りへと促します。そもそもこの分泌液は昼間外部の光刺激によって抑制されている、つまりほとんど分泌されない反面、夕方から夜間にかけて多く分泌されます。

これは、夜の眠りの時間に合わせて体が自然にこの分泌液の量を調整してくれている、ということを表しています。このため、夜に眠りにつくことができる、ということです。このように眠りに大きく関わる分泌液であることから、この分泌液の量が不足したり、そもそも正常に分泌されなかった場合は、不眠症などの障害に陥ります。またこの分泌液自体が、脳内の神経伝達物質のセロトニンから生成されているため、セロトニンが不足すると同じくこの分泌液も不足することになります。

なおセロトニン不足はうつ病の発症原因として周知の事実でもあるため、うつ病患者の多くはメラトニンが不足した状態にあり、不眠症になるとされています。また一方でこの分泌液は外界の24時間周期に体内時計を同期させる作用があり、時差症候群などの治療に用いられています。