レム睡眠とノンレム睡眠とは

| 未分類 |

レム睡眠、ノンレム睡眠という言葉を聞いたことはありますか?レムとはRapid Eye Movementの頭文字のことで、直訳すると「速い眼の動き」といったところでしょうか。

よって、眠っている間に眼球が激しく動いている時間とそうでない時間とかあるということです。眠っている間に眼球が動いているなんて知らなかったという方もいらっしゃるかもしれませんが、眠っている時間のリズムは常に一定ではなく、浅い時間と深い時間とがあり、その浅い時間のときに眼球が動くと言われています。この時間は体は休んでいますが、脳は活動をしていて、その日に起きたことなどを整理しているとも言われており、夢を見るのもこの浅い眠りのときだと言われています。

いっぽうノンレム睡眠は深い眠りだと言うことができます。体も脳も休んでいる状態で、入眠時にまず訪れるのがこのノンレム睡眠です。この時間をぐっすりと眠ることによって、充分なホルモンを分泌させたり、ストレスを軽減させたりすることができると言われているので、非常に重要な時間だと言えます。

およそ、浅い眠りと深い眠りは90分周期で訪れていると言われているので、90分の単位で換算して起きる時間を決めると目覚めやすいとも言われています。ちょうど浅い眠りが訪れたときに起きられるようにすると、いつもより起きにくさを感じにくいかもしれません。この眠りのリズムを利用して体や脳の疲れをしっかり取り、気持ちよく朝を迎えることができると良いですね。