レプチンとは

| 未分類 |

脂肪細胞から作り出されるペプチドホルモンと呼ばれるタンパク質の一種であり食欲や代謝を調整し、肥満をコントロールする働きをする物質です。ギリシャ語で「痩せる」を意味します。

全身の脂肪細胞から作られ、体に一定の脂肪が蓄えられると脂肪細胞から血中に放出します。そして血流によって脳の視床下部に運ばれ、飽食シグナルを脳に伝達します。すると抑制が働き肥満にならないようにします。
肥満遺伝子というものがあり、この肥満遺伝子を持っている体質の人は、レプチンを体内で正常に作り出すことが出来ないため不足するため、抑制がきかず、食べ過ぎて肥満になることが明らかになっています。

また、寝不足になると減少することもわかっています。夜更かしや徹夜をしていると食欲が湧いてくる原因は、同じく血中のホルモンが減少するためです。ダイエット中や健康管理、美容のためにはホルモンバランスを崩す寝不足は禁物と言えます。

これらの原因を解消改善させるために、他にも断食による方法が有効とされています。断食は粗食を心掛け、適度な空腹感を維持することによってホルモンバランスを調整する効果があるため、肥満、メタボリック症候群などの医学的な改善方法としても注目されています。