gf2160257903l

十分睡眠をとっているのに日中ひどい眠けに襲われるということはありませんか?

このような症状が当てはまる場合、『睡眠不足症候群』の可能性があります。

慢性的睡眠不足にもかかわらず、本人に自覚がない。
昼間の強い眠け、イライラや怒りっぽくなる、頭痛、疲労感や意欲低下、体の痛み、食欲不振、集中力低下、注意散漫、うつ状態などが症状も深刻です。

働き世代のビジネスパーソンをはじめ、受験生はこの病気になりやすいといえます。
ほかには、現代の女性は多忙な方が多いのも事実。
子育てや家事をしながら働いている女性は、家族の中で一番遅く寝て、一番早く起きるという生活パターンで寝不足気味に・・・。
また、ゲームやテレビを見て夜遅くまで起きている人なども睡眠不足になりやすいと言えます。
もともと睡眠時間が「長時間睡眠タイプ」の方の場合は、7時間の睡眠時間でも不十分ということになってしまいます。

睡眠不足は体力や免疫力が低下してしまいますので当然風邪をひきやすい、花粉症などを発症が高くなる傾向に。
高血圧や心筋梗塞、脳梗塞、うつ病などの原因にもなりかねません。

様々なタイプがありますが、「睡眠不足症候群」の場合はしっかり治療することをお勧めします。